IQOS,gloにオススメの最強モバイルバッテリーはコレ!選び方や注意点も解説します




出典:flickr.com

スマホは普段から画面にバッテリー表示があるので充電タイミングに気づきやすいのですが、IQOSやgloは気づくと充電が無くなっていることがしばしば。

吸いたくても吸えないおあずけタイムは非常に辛いものがありますよね・・・。

そんな時に役立つアイテムがモバイルバッテリーなのです。スマートフォンの予備バッテリーとして利用している方も多いのではないでしょうか?

このモバイルバッテリーは、スマートフォンのみでなくIQOS,glo,PloomTECHの充電切れや充電忘れの際にも助けてくれる優れモノです。充電が1日持たない人や、アウトドア・旅行などで安定した充電時間がとれない方は1つ持っておくことを強くオススメします!

このページでは、数あるモバイルバッテリーの中からあなたにピッタリのモバイルバッテリーをチョイスする選び方や、事前に知っておきたい注意点などとともに、オススメのモバイルバッテリーをランキング形式で紹介しています。

また、通常の使用には力があり余る最強のモバイルバッテリーも紹介していますので参考にしてくださいね!




IQOS,gloの充電に使えるモバイルバッテリーとは?

出典:flickr.com

モバイルバッテリーとは、その名の通り携帯して持ち運びができる充電器の呼び名です。

スマートフォンやIQOS,glo,PloomTECH,vapeにはコンセントで充電する専用アダプターが付属されてきますが、このモバイルバッテリーがあればUSBケーブルを通じてコンセントがない空間でもお持ちのデバイスを充電することが可能となります。

スマートフォンの普及により、通話やアプリの使用で充電が持たない人が増え、このモバイルバッテリー市場も瞬く間に拡大されてきました。

USBケーブルで使用するタイプがほとんどのため、スマートフォンのみでなくIQOS,glo,PloomTECH,vapeといったタバコデバイスにも利用することができます。

IQOS,glo用モバイルバッテリーの選び方

アイコスやグローにもモバイルバッテリーを使用できるとお伝えしましたが、ここで一点補足しておきたいのがどのモバイルバッテリーでも良いわけではないということ。

モバイルバッテリーにも様々な仕様があり、入出力の値によっては充電時間が長くなってしまったり、そもそも使用できないものがあります。

ということで、ここではIQOS,glo,PloomTECH,vapeといったタバコデバイスの充電を目的としたモバイルバッテリーの選び方をご紹介したいと思います。

細かいポイントは色々あるのですが、アイコスやグローに使用するモバイルバッテリーの選び方で押さえておきたいポイントは以下の3点です。

  • モバイルバッテリーの容量(mAh)
  • モバイルバッテリーの入力値,出力値
  • モバイルバッテリーのUSBポート数

それぞれについて以下に詳しく解説します。

モバイルバッテリーの容量(mAh)を比較しよう

バッテリーの容量はmAhという単位が使用されており、アイコスやグローのバッテリー容量もmAhで表記されています。各タバコデバイスのバッテリー容量は以下の通りです。

IQOS(アイコス)
2,900mAh
glo(グロー)
3,200mAh
PloomTECH(プルームテック)
210mAh
VAPE(べイプ)
デバイスによる

フル充電するには最低でもデバイスと同様の容量が必要となるほか、充電中も使用することを考えると少し余裕のある容量が理想となります。

アイコス,グローが3,000mAh前後と考えると4,000mAh~5,000mAhは欲しいところですね。

旅行やアウトドアでの利用を考えると、2回の充電だったりスマートフォンを充電することも予想できるので、10,000mAh以上のバッテリー容量が理想だと言えます。

モバイルバッテリーの入力値,出力値をチェックしよう

モバイルバッテリーの仕様には入力値と出力値というものがあり、非常に重要なチェック項目となります。それぞれの意味合いは以下の通り。

入力値(A)
モバイルバッテリー自体を充電するための入力電流を表した単位です。数値が高い方が高速に電力を供給でき、モバイルバッテリーをより短いチャージ時間で充電することができます。
出力値(A)
モバイルバッテリーからIQOS,gloへ供給する出力電流を表した単位です。数値が高い方が高速に電力を供給でき、IQOS,gloをより短いチャージ時間で充電することができます。

この数値が高ければより短い時間で充電することができるので、高い端末を選ぶのが望ましいです。

後の注意点にも記載しますが、覚えておいて欲しいのがアイコスの入力値が2Aだという点です。これに対しモバイルバッテリーの出力値が1Aだと通常よりも余計に充電時間がかかってしまい、バッテリー寿命を縮めてしまう危険性もあります。

アイコス側からは不具合が発生する危険性がある他、保証対象外となってしまうので推奨もされていません。

以上のことから、入力値・出力値ともに2A以上のものを選ぶようにしましょう。

USBポートの数をチェックしよう

モバイルバッテリーからデバイスを充電するときにUSBケーブルを使用しますが、そのケーブルの差し込み口をUSBポートと言います。

使用用途が1つしかない場合は1ポートで良いのですが、スマートフォンを一緒に充電したりするシチュエーションが考えられるなら2ポート以上を選ぶのがオススメです。

販売されているモバイルバッテリーはほとんどが2ポート以上になりますが、念のため確認しておくことをオススメします。

IQOS,glo用モバイルバッテリーを選ぶ際の注意点

アイコスやグローを充電するモバイルバッテリーを選ぶ際に注意したい点ですが、前述の通り入力電流と出力電流の値(A)は確実にチェックするようにしましょう。

また、メーカーによって充電できないケースもあるようなので、なるべく大手メーカーのアイテムを購入するのが理想ですね。

モバイルバッテリーの大手メーカーとしては、

  • cheero
  • Anker
  • BUFFALO
  • Aukey
  • Poweradd

などが挙げられます。

IQOS,glo用モバイルバッテリーおすすめランキング

このページで紹介した選び方を考慮して、おすすめのモバイルバッテリーをランキング形式にて紹介してみたいと思います。

3位 Anker PowerCore 20100

20,100mAhという大容量でありながらコンパクトなサイズを実現したモバイルバッテリーです。

この業界で最大手のAnkerならではの機能で超高速充電が可能となり、複数の端末を急速充電できます。

2位 cheero Power Plus 3

コンパクトなボディに13,400mAhの大容量を実現した人気モデルです。

アイコスやグローを3回充電できる容量で、ポート数も2つ備わっていることから2台の端末でも十分に利用することができます。

1位 Anker PowerCore 13000

コンパクトボディと大容量を実現した人気モデルです。

「PowerIQ」と「VoltageBoost」機能で高速充電を実現しており、最大3Aの出力電流で充電することができます。

IQOS,gloにはもったいない!?最強のモバイルバッテリー

Anker PowerHouse

Ankerから発売されているAnker PowerHouseの容量は驚きの120,600mAh。

これはアイコスやグローの充電回数で考えると、約40回という使い切るのも難しいほどの超大容量。

フェスやBBQなど、大人数での集まりに役立ちそうなアイテムですね!

RAVPower 改良版 ソーラー充電器

こちらのアイテムはその名の通りソーラーパネルで充電できるモバイルバッテリーです。

モバイルバッテリー自体の充電を忘れたときに助かるアイテムですが、もちろん天気が悪いときは役に立たないのでご注意を。

ZVE 10000mAH 大容量モバイルバッテリー(2017年改良版)

アウトドアにピッタリのモバイルバッテリーがこちらのZVE 10000mAH。

LEDライトがあるので懐中電灯や非常時のSOSの役割も果たすことができます。

IQOS,gloにオススメの最強モバイルバッテリーまとめ

アイコスやグローといったタバコデバイスを充電できるモバイルバッテリーを紹介してみましたが、気になるアイテムはありましたでしょうか?

今後も新しいモデルが発表されていくと思いますので、引き続きチェックしていきたいと思います。




タバコ